• Webiderが選ばれる5つの理由をご紹介
  • セミオーダーとフルオーダー 選べる2つの制作プラン
  • 年間100以上のお客様に選ばれています
  • 誰でも簡単に更新できる信頼の国産CMS
  • 困ったときも安心のサポートデスク付

レスポンシブWEBデザイン

レスポンシブWEBデザインについて|レスポンシブWEBデザインならWebider

レスポンシブWEBデザインとは?WITH THE RESPONSIVE WEB DESIGN?

レスポンシブwebデザインとは、PC、タブレット、スマートフォンなど、複数の異なる端末でも
ホームページのデザイン、レイアウトを変えることで見やすく調整するホームページの制作手法です。

image

レスポンシブWebデザインの
メリット・デメリットMERIT / DEMERIT

メリット1

管理・更新が楽に出来る

レスポンシブWebデザインは、PC/タブレット/スマホが1ソースで制作されているため、CMS導入時に更新の負荷を軽減できます。ホームページの運用はなるべく手間を減らしたい、だけどマルチデバイス対応は必須という現状で、レスポンシブWebデザインとCMSはとても親和性の高い組み合わせです。

メリット2

検索エンジンに効果的

検索エンジンGoogleはモバイルフレンドリー(モバイルユーザーが見やすいサイト)を推奨しており、それを実現する手法としてレスポンシブWebデザインは用いられています。「URLが同じ」「HTMLが同じ」という分かりやすい構造も重要で、タブレット・スマートフォンサイトを実現できるため最適な制作手法です。

メリット3

どの端末でも一貫性のあるWebサイトに

レスポンシブWebデザインは、PC/タブレット/スマホが1ソースのため、Webサイトのデザイン・情報に一貫性があります。情報の差異が少なく、伝えたい情報を正しくユーザーに伝えることができます。デバイスを限定せず一貫性のあるサイトはユーザーから信頼を得ることができます。

デメリット1

ページの読み込みに時間がかかる

レスポンシブWebデザインは、各デバイスに対応させた画像を読み込む必要があり、PCのみのサイトよりも容量が大きくなってしまい表示速度が少し遅くなる場合があります。ただし、近年の技術(通信速度、Web技術)で表示速度の問題は解消されつつあります。

デメリット2

レイアウトが少し制限される

レスポンシブWebデザインは、PC/タブレット/スマホそれぞれにレイアウトを考慮して制作しますが、情報は全デバイス統一が基本となりますので、大幅なレイアウト変更は大きな工数を必要とします。したがって、設計時から一番小さいデバイス(スマホ)を意識して、大小デバイスにかかわらず見やすい設計が重要になります。

デメリット3

費用が通常のホームページに比べると割高

レスポンシブWebデザインでの制作は、通常のPCのみと比べて1.5倍ほどの工数を必要とします。単純に費用を抑えるならPCのみが現実的ですが、Webiderではその制作費用をノウハウと実績でカバーし、PCと変わらない制作費用を実現しています。

レスポンシブWEBデザインの
費用・制作費PRODUCTION COST

Webiderは、レスポンシブWebデザインのノウハウ・実績を蓄積し、効率化を図っています。通常のPCホームページ制作金額の1.5倍以上の費用がかかるとされる「レスポンシブWebデザイン」ですが、Webiderなら他社のPC価格ほどの料金で提供できます。特に、セミオーダー制作は国内最安値で提供しており、多くのお客様に導入いただいております。

選ばれる理由へ戻る

SPECIALIZED
特化型ホームページ制作パッケージ

imageimage
imageimage